寄付

  • 350万

     大阪の街は貧しい。
     平成30年3月、大阪府は貧しい家庭の子どもの教育に遣う基金を立ち上げ、市民等に寄付を呼びかけた。
     私は、呼びかけに応じることにした。*
     78歳と6ヶ月。
     いくら、いつ、については、心許ないが。

    * 希望という考えがうかんだので、私はどきっとした。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     まどろみかけた私の眼に、海辺の広い緑の砂地が浮かんでくる。その上の紺碧の空には、金色の丸い月がかかっている。思うに希望とは、もともとあるものともいえぬし、ないものともいえない。それは地上の道のようなものである。もともと地上には道はない。歩く人が多くなればそれが道になるのだ。
     一九二一年一月
      魯迅 故郷 最終節  竹内 好 訳

      平成30年6月11日 弁護士 上原邦彦

オンライン予約