弁護士等情報

個人では、大阪一位
―子ども輝く未来基金(大阪府)への寄附額―

1 大阪の街は貧しい。
 平成30年3月、大阪府は貧しい家庭の子どもの教育に遣う基金を立ち上げ、市民等に寄付を呼びかけた。
 私は、呼びかけに応じることにした。
 78歳と6ヶ月。
 いくら、いつ、については、心許ないが。

2 平成30年12月7日、大阪府福祉部 子ども室 子育て支援課 推進グループ 課長補佐 柿本博之 氏ほか1名が来所された。
 私の寄附金に謝意を表された後、子ども輝く未来基金の活用を11月から始めた、今年度の目標は、5000万円だが、既に4800万円強集まった、個人からの寄附者は40名、ほとんどが数万円から数十万円で、寄附額は、上原先生(の600万円)が1位、企業からの寄附は20社で、1位が1000万円、平成31年8月ごろに、知事による感謝状の贈呈式を行う予定、大阪府の他の基金もあわせて高額寄附者20から30名ほどが対象、とのこと。

1につき、H30・6・11 2につき、H30・12・8 弁護士 上原邦彦

(平成30年12月8日 記)