過払い金請求・任意整理のご相談

手続きの流れ(一般的な過払い金請求・任意整理)

1.受任通知・取引履歴開示請求

(はじめに)相談料・着手金は、一切いただいておりません。

(1)完済していて、完済から10年経っていない場合

過払い金請求書を、貸金業者(大手消費者金融業者・クレジット会社)に、ファックスします。そして、取引履歴を開示するように求めます。法律上開示義務があり、大手は、必ず送ってきます。

(2)約定残が残っている場合

A 過払いが予想される場合 支払いをストップし、過払い金請求書を送り、取引履歴の開示を求める場合があります。大手は、必ず送ってきます。

B 安くはなるが、過払いが出ないと思われる場合
いろいろなやり方があります。打ち合わせ時に、ノウハウを申し上げます。

C A、B いずれの場合も、ブラックリストを踏まえて、その方の状況に合わせたやり方とノウハウを申し上げます。

2.引き直し計算(再計算)

貸金業者から開示された取引に基づいて、法定利率による引き直し計算を行います。
これにより、過払い金の額(または正当な借金の残高)が算出されます。

3.過払い金請求・交渉

算出された過払い金を貸金業者に請求し、返還交渉を行います。
(借金が残った場合には、返済方法を検討し、貸金業者に提案・交渉を行います。)

4.和解契約・訴訟

貸金業者と交渉がまとまったら、和解契約を取り交わします。
和解合意に至らなかった場合には、訴訟を提起する場合もあります。(いずれの場合にも、依頼者ご本人の同意をいただきます)

5.ご精算

過払い金が、弁護士の預り金口座に入金されたら、弁護士報酬金(礼金)を精算して、過払い金を、お返しします。
また、貸金業者の押印のある金額の入った和解契約書の原本を、お渡しします。はじめに、申し上げた通り、相談料・着手金は、名目のいかんを問わずいただいておりません。

オンライン予約