過払い金請求・任意整理のご相談

任意整理の手続き

任意整理とは、自己破産や個人再生といった法的手続きによらず、交渉によって借金の解決を図る方法です。

主に、複数の消費者金融やクレジットカード会社などと、長期間取引をしている場合に有効です。

どのようにして借金を整理するのか

まず、貸金業者に受任通知を送り、借金の返済を一時的に停止します(追加の借入も止めて頂きます)。

貸金業者から取引履歴(貸付・返済の全記録)を取り寄せ、法定利率(利息制限法記載の利率)に基づいて引き直し計算をします。
法定利率より高い利率で取引していた場合には、借金の額が減ります。取引が長い業者については、残債務がゼロになったり、逆に過払い金が発生する場合もあります。それを踏まえて、貸金業者と交渉をします。
過払い金が戻ってきたら、利息制限法を使って引き直し計算しても、残った残債務に充てます。

過払い金が発生しない場合や、発生した過払い金を返済に充てても足りない場合には、残った金額を分割で返済する交渉をします。
このとき、毎月の返済総額が、無理のない金額となるよう、また最大でも3~5年程度で返済が終わるよう、調整します。

任意整理の弁護士費用

当事務所では、相談料は無料で、任意整理の着手金も無料です(30分以内の相談料として5000円、任意整理の着手金として、1件当たり2万円から4万円を受け取ることにしている法律事務所は多くあります。税別。HPでお調べください。)。従って、当事務所では、弁護士費用と言っても報酬金(礼金)だけ支払えば、よいのです。

任意整理の報酬金(礼金)は、1社あたり2万円に、借金の減額幅の10%を加えた額(税別)です。
(過払い金が発生した場合は異なります。詳しくは弁護士費用をご覧ください)

例えば4社合計200万円の借金が、任意整理により計100万円に減ったとすると、弁護士費用は計18万円(税別)となります。
任意整理の報酬金(礼金)は、手続き中(返済ストップ中)に毎月のこれまでの返済金の一部を積み立てて頂いた積立金(預り金)や、過払い金が発生した場合には過払い金の中から頂くことにしています。なお、過払い金が高い確度で見込める場合は、積立も必要としない場合があります。

オンライン予約