取扱い実績

特徴
① アコム(大手消費者金融第一位)での回収単価は、無提携法律事務所中、日本一位
② プロミス(大手消費者金融第二位)での回収率は、全国ベストファイブ以内
③ CFJ(ディック、アイク、ユニマット)での回収単価、過払い金請求件数とも、関西では、圧倒的トップ


(1)平成28年5月20日、東京から消費者金融第1位のアコムの課長と係長がやってきた。 曰く、当事務所の平成27年5月から平成28年4月まで1年間 の1件当たりの過払い金回収金額は、190万2000円で、この金額は、無提携法律事務所(注①)の中では、日本一位。効率のいい経営ですね、と課長。
(2)1年1か月経ち、平成29年6月23日、東京からアコムの課長と係長がやってきた。曰く、平成28年10月から平成29年3月まで半年間の1件当たりの過払い金回収額は、220万5013円。これは、無提携法律事務所(注①)のうち、この半年で50件以上和解した事務所の中では、回収単価が日本一位。 しかも、平成29年4月、5月に成立した和解の回収単価は307万円に跳ね上がったと陰鬱な表情。

 注①  司法書士は、140万円を超える過払い金の請求権限を法律上有していない(平成28年6月の最高裁判決で、確定した)。
 そこで、大手の司法書士事務所(法務事務所と称している)は、過払い金について莫大な宣伝費をかけて集客し、140万円を超える客を業務提携している特定の法律事務所(弁護士事務所)に回して処理している。そうした特定の事務所では、必然的に1件当たりの回収単価が大きくなる。
 これに対し、司法書士事務所から事件を貰っていない、あけすけに言えば経済的に依存していない法律事務所-圧倒的多数の法律事務所がそうである-は無提携法律事務所ということになる。
 なお、最大手のアコムともなると膨大な証拠にてらし、これは提携法律事務所、これは無提携法律事務所と分別できるそうだ。

(平成29年6月26日 記)

2 秋も深まる平成28年10月18日 プロミス(大手消費者金融第二位)のグループ長と主幹の2名が、やってきた。
 曰く、昨年1年間の統計だが、として、ひまわりへの返還額の85%は、訴訟分。回収率(未充当元金に対する返還額)は、120パーセントぐらいで、全国(注②)ベストファイブの中には、間違いなく入っているとのこと。
 俺の所は、俺は知能が低くて困ったものだが、その弱点を補うため、賢い弁護士と事務員を雇い入れているから、生産性が高いのは、当たり前のことだと内心思った。

 注② 全国とは、日本全国の弁護士事務所(弁護士法人を含む)、司法書士事務所(司法書士法人を含む)の中で、との意味。

3 平成28年9月23日 CFJ(ディック、アイク、ユニマット)(注③)の支配人2名がやってきた。
 曰く、関西では、C社に対する過払い金請求件数、過払い金回収単価は、当事務所が圧倒的にトップであるとのこと。

 注③ 数年前から、貸し出しをやっておらず、平成28年8月には、貸金業登録の更新もしなかったし、貸金業協会等の信用情報機関からも脱退したとのこと。

(2と3につき、平成28年10月18日 記)

オンライン予約