交通費・駐車料について

往復交通費1万5千円まで、当事務所負担

(1)交通費の意味、内容  実際にかかった交通費のことです。従って、定期券を用いて梅田で乗降する人にはお支払いしません。しかし、定期券が梅田までつながっていない方は、切れたところから梅田までの分はお支払いします。身障者の方や、70歳以上の方は、バスや地下鉄が無料の優待券をお持ちの方があり、その場合はお支払いしていません。交通費がかかっていないからです。交通費とは、電車、列車(特急料金を含む、但し、近畿圏内からの新幹線利用は含みません)、バス、フェリー代(淡路島からおいでの方がフェリーを使う場合があります)等の公共交通機関利用の実際にかかった交通費のことですが、自宅の最寄り駅の傍の有料駐車場に車を止めて、電車やバスでおいでになった場合の駐車料金も含みます。
車使用の場合の高速料金も含みます。当事務所近くの駐車場(目の前にヨドバシカメラ駐車場、すぐ横が、阪急梅田駅駐車場)に止めた場合は、別途、駐車料金を支払います。タクシー代は、原則交通費に含みませんが、身障者等がタクシーを使わざるを得ない場合は、含みます。

(2)1万5千円にした理由  和歌山の新宮からおいでになる方の往復電車賃を負担するためです。
往復で、1万4千円以上かかります。
当事務所の守備圏は、近畿です。近畿のお客様に責任を持つためです。(弁護士等情報中の所長挨拶参照)

駅近くの有料駐車場の駐車料 当事務所負担

※駐車券をご持参の上、ご来所時にお申し出ください。
※お好きな駐車場をご利用ください。下記は周辺のコインパーキングの一例です。

オンライン予約